おとニャの階段。



先々週、紅ちゃんはおとニャの階段を駆け上がりました。

7年前にかうぱんが避妊手術を受けた時と比べて、バンコクの動物病院の事情もだいぶ様変わり。
溶ける糸での縫合、(よほどのことがない限り)開腹手術でも日帰りが基本となっていて、驚き戸惑ってしまったとぱーず。です。
しかも、病院で術後服が販売されているではないですか! バンコクのローカル価格でお高くないし( ゚Д゚)

朝、紅ちゃんを病院に連れて行って、夜、お迎えに行って帰宅。
まだ麻酔が完全に抜けきっていなかったので、
帰宅してからの紅ちゃんは、生まれたてのバンビちゃんみたいな足取り。
(やっぱり、麻酔が抜けてから退院した方がよかったのでは。。。と、内心オロオロ)
それでも自力でトイレに行ってちっこして、ウェット(回復食)を食べたり、
お水を飲んだりした後、オネムした頼もしい紅ちゃん。
残っている麻酔の影響で、ふわふわした感じはあっても、具合の悪そうな様子がなかったのでひとまず安心。



紅: くーすかぷー(おっぴろげー)
f0384567_19193522.jpg
📷避妊手術後、3日目の夜
なにやらツワモノ感が。










紅: なにこの縫い目は(ブツブツ)
f0384567_19144291.jpg
最初に購入したSサイズの術後服は、胴長なシュッとした紅ちゃんには着丈が短くて、
窮屈なボディスーツを着ている人みたいに不自然でギコチナイ動きに。
急遽、Mサイズを追加投入し、ワタシがチクチクお針仕事をしてサイズ直し。










紅: ひゃっほーい♪
f0384567_17051316.jpg
処方された1週間分の抗生剤を飲み切ったところで、術後服は卒業。
卒業した途端、全速力で駆けずり回った紅ちゃんでした。

あとは、手術痕のポッコリが引っ込んでくれればいいんだけど。







f0384567_19141845.jpg
乳歯がグラグラしていたので、ゲットせねば~と狙っていたのに、
術後、いつの間にか抜けていて行方知れずに。(´;ω;`)ウゥゥ (一生の不覚)







碧: きょうはおやすみー
f0384567_17105278.jpg
普段から天真爛漫 + 自由奔放なみどちゃん。
術後の紅ちゃんにどう接するのか、一抹の不安がありましたが、
紅ちゃんがいつもと違うことをちゃんとわかってくれていました。
術後3日くらいは、ジャンピングアタックを控えてましたから。ヾ(・ω・o) ォィォィ





** おまけ **

 奇跡の瞬間! 紅ちゃん、GJ ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪      









にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 



[PR]
# by thainecco | 2018-01-29 07:28 | ねこ | Comments(3)



寒中お見舞い申し上げます。

年が明けても、朝は比較的涼しく、日中は30℃前後、と安定した天候のバンコク。
みニャさまには健やかに新年を迎えられたご様子、何よりと存じます。

昨年3月に、愛猫かうぱんが虹の橋に居を移したため、新年のご挨拶を控えさせて頂きました。
新しく家族に迎えた 紅、碧とともに穏やかに恙なく新年を迎えようと思ったのですが、
子猫ズに(自ら進んで)翻弄されながらも、子猫たちの成長の速さを実感している今日この頃です。

新しい年がみニャさまにとって、健やかで穏やかなより良い年となりますようお祈り申し上げます。

2018年1月

とぱーず。






紅: 今年もよろしくおねがいします
f0384567_16111597.jpg
紅ちゃん もうすぐ5ケ月(21週齢) 1.92kg. 





f0384567_16240476.jpg
📷 07 Jan, 2017

犬歯の隣におとニャの歯が生えてきました。
お顔もおねえさん顔になって、どんどんおとニャになっていく紅ちゃん。
(そんなに急がなくてもいいだよ)








碧: みどちゃんもおねがいしまーす
f0384567_16124473.jpg
みどちゃん 4ケ月(15週齢) 1.62kg. 

お転婆さんでおヒゲがバッキバキに折れていたのですが、ようやく生えそろってきました。
ぽっちゃり体型は相変わらずですが、すこーし手足が長くなったような気がします。







かうぱん: おチビ達、ちゃんと見とるでね
f0384567_20150703.jpg

紅、碧の成長を見守っていてくれる心強い見守り隊、かうぱん。
特に遠慮シィの紅ちゃんの事、これからもよろしくね。
(ワタシの目が届かないこともあるから、頼りにしとるよ~)







にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


[PR]
# by thainecco | 2018-01-08 00:02 | ねこ | Comments(5)



先週は、朝の気温が16~17℃という、キリッとした空気が心地いい1週間でした。
しかし残念なことに、乾季の特別プロモーション期間は終了したようで、
今週は最低気温20℃超えで順調に気温が上昇し、
短い短い冬がサクッと終ってしまったようなバンコクです。






メッシュケージの天井部でお昼寝するみどちゃん。

碧: くーすかぷー
f0384567_22525832.jpg







碧:(ぱっかーん)
f0384567_22541450.jpg




見事に開いてました。
気温の変化は子ネコ達も敏感に感じ取っていてます。






***
ウィチアンマート猫(日本で言うところのシャム猫)は、
「サーアミーズ遺伝子」という温度感受性を持つ遺伝子を持っているので、
体温の高い部分は毛色が白く、手足など、体温の低い部分は毛色が濃く出るようです。
また、気温が低くなる冬にも毛色は濃くなる傾向だとか。

先週の寒気でポイントの毛色が変化するかな~と思ったのですが、目に見えた変化はなし。
成長によっても毛色が変化するようですが、
ほぼ1年通しで暑いバンコクで、どんな風にポイント部分が変化していくのか楽しみです。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 



[PR]
# by thainecco | 2017-12-25 10:26 | ねこ | Comments(2)