おとニャの階段。



先々週、紅ちゃんはおとニャの階段を駆け上がりました。

7年前にかうぱんが避妊手術を受けた時と比べて、バンコクの動物病院の事情もだいぶ様変わり。
溶ける糸での縫合、(よほどのことがない限り)開腹手術でも日帰りが基本となっていて、驚き戸惑ってしまったとぱーず。です。
しかも、病院で術後服が販売されているではないですか! バンコクのローカル価格でお高くないし( ゚Д゚)

朝、紅ちゃんを病院に連れて行って、夜、お迎えに行って帰宅。
まだ麻酔が完全に抜けきっていなかったので、
帰宅してからの紅ちゃんは、生まれたてのバンビちゃんみたいな足取り。
(やっぱり、麻酔が抜けてから退院した方がよかったのでは。。。と、内心オロオロ)
それでも自力でトイレに行ってちっこして、ウェット(回復食)を食べたり、
お水を飲んだりした後、オネムした頼もしい紅ちゃん。
残っている麻酔の影響で、ふわふわした感じはあっても、具合の悪そうな様子がなかったのでひとまず安心。



紅: くーすかぷー(おっぴろげー)
f0384567_19193522.jpg
📷避妊手術後、3日目の夜
なにやらツワモノ感が。










紅: なにこの縫い目は(ブツブツ)
f0384567_19144291.jpg
最初に購入したSサイズの術後服は、胴長なシュッとした紅ちゃんには着丈が短くて、
窮屈なボディスーツを着ている人みたいに不自然でギコチナイ動きに。
急遽、Mサイズを追加投入し、ワタシがチクチクお針仕事をしてサイズ直し。










紅: ひゃっほーい♪
f0384567_17051316.jpg
処方された1週間分の抗生剤を飲み切ったところで、術後服は卒業。
卒業した途端、全速力で駆けずり回った紅ちゃんでした。

あとは、手術痕のポッコリが引っ込んでくれればいいんだけど。







f0384567_19141845.jpg
乳歯がグラグラしていたので、ゲットせねば~と狙っていたのに、
術後、いつの間にか抜けていて行方知れずに。(´;ω;`)ウゥゥ (一生の不覚)







碧: きょうはおやすみー
f0384567_17105278.jpg
普段から天真爛漫 + 自由奔放なみどちゃん。
術後の紅ちゃんにどう接するのか、一抹の不安がありましたが、
紅ちゃんがいつもと違うことをちゃんとわかってくれていました。
術後3日くらいは、ジャンピングアタックを控えてましたから。ヾ(・ω・o) ォィォィ





** おまけ **

 奇跡の瞬間! 紅ちゃん、GJ ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪      









にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 



[PR]
Commented by もちゅみ at 2018-01-29 18:59 x
紅ちゃん~無事手術も終わって
その後のお薬、術後服が終わったら
もう元気いっぱいに戻ったようで~よかったです
そうなんですよね、溶ける糸ってあるようで
こちらでも使ってる獣医さんいますね
(使ってないところも)
へぇー術後服も売ってるんだ
そしてこの寝姿がまた可愛すぎです
紅ちゃんのびのび寝ちゃってる~(^.^)

おふみのことでは色々ありがとうです
だいたい2週間に1度の通院なんですが
ひどく具合が悪いときは病院へ電話して
相談して補液&診てもらうという感じです
年末は1週間にそれで2度ほど行きました
なかなか完治しませんが
苦しくなく過ごせれば~と思ってます
Commented by Gavi&TibiTibiはなび at 2018-01-30 12:11 x
紅ちゃん、がんばってえらかったですよぉ!
術後服きてころりんねんねの紅ちゃん、大物さんですよぉ!
いっぱい甘えて、いっぱい食べて、すくすく元気に育つですよぉ。
・・・でも・・・あんまり急いで大人にならなくてもいいですからね。
いっぱいいっぱい猫生の今を楽しむですよぉ!
Commented at 2018-02-06 15:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by thainecco | 2018-01-29 07:28 | ねこ | Comments(3)