紅ちゃん、1歳。


今日は、紅ちゃんの1歳の誕生日。
タイ国では、王妃(先王の妃)のお誕生日で、「母の日」とされています。

紅ちゃんがうちの子になったのは、ほんの9か月前の事。
子猫の成長は本当に早くて、おチビで痩せっぽっちなのに元気いっぱいの小さな紅ちゃんが
もうすっかりおとニャのおねえさんになりました。


f0384567_21583042.jpg
📷 Aug 2017 うちに慣れたころ

本当に小さかったなぁ(しみじみ)







f0384567_21252536.jpg
📷 Aug 2018








お誕生日といっても、紅ちゃんの首輪を新調したくらいで、至っていつもと同じ我が家。







紅: 誕生日って何か特別なことがあるの?
f0384567_21263014.jpg







紅ちゃん好みのおもちゃでいっぱい遊んで、
ふたりに大好評のパウチと鶏肉のボイルしたのを紅ちゃん、みどちゃんの両方におやつとして出して、
やっぱりいつもと同じように過ごしたお誕生日でした。



ごはんをもりもり食べて、元気に遊んで、ぐっすりオネムして、みどちゃんとわちゃわちゃ遊んで。。。
いつもと同じ日常がこれからも穏やかに続いていきますように。





碧: みども一緒です。
f0384567_21265854.jpg









にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


[PR]
# by thainecco | 2018-08-13 00:23 | ねこ | Comments(3)

仲良しの証(?)。



スパラック猫(バーミーズの原種)の紅ちゃんとウィチアンマート猫(シャム猫の原種)のみどちゃんが
一緒に住み始めてから6ケ月経ちました。
1ケ月ほどおねえさんの紅ちゃんは、最初の頃からみどちゃんを甲斐甲斐しくお世話して、
時にはお母さんのように広い心で慈しんでいることもあります。



いつもべったりくっついているふたりではありませんが、
寄り添ってオネムする時は、紅ちゃんがみどちゃんを丁寧にお手入れしてあげています。




紅: ぺろりんちょ
f0384567_20440108.jpg







みどちゃんもお返しに紅ちゃんをお手入れしてあげていたりして、
ふたりの穏やかな様子を見ると、ほっこり心が和みます。




碧: がじがじがじがじ
紅: ん~♪     
f0384567_20424481.jpg






でも、みどちゃんが紅ちゃんのお世話をすればするほど、
紅ちゃんのおヒゲや眉毛が短くなっていく事案が同時に継続して発生。( ゚Д゚)




紅: 眉毛もおヒゲもパッツンなんです(きりっ)
f0384567_20433908.jpg
美人さんなのに。。(´;ω;`)ウッ…




ふたりは仲良しさんで、相互グルーミングは日常茶飯事。
なので紅ちゃんのおヒゲや眉毛が長く生え揃ったことは一度もありません。

紅ちゃん自身は、みどちゃんにガジガジされる事も、おヒゲが短い事も気にしている様子はなく、
目に見える範囲では、遊びも含めて日常生活には支障があるようには見えないんだけど。。


多頭飼いをしているお宅では、
猫が同居猫のおヒゲをかじる事は珍しい事ではないみたいです。
そうはいってもネコちゃんにとっては大切な感覚器官であるおヒゲ。
効果的な対策も講じられず、ギリギリするお世話係なのでした。(・д・)ムムム









にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


[PR]
# by thainecco | 2018-06-25 15:06 | ねこ | Comments(3)

おとニャの味。



毎年、バンコクで開催される PET EXPO (日本でいうところのペット博のようなモン)に行ってきました。
タイ国ではフードのサンプルをもらえる機会がなかなかないのですが、
こういうイベントでは、「FBでシェアしたらフードサンプルあげるよ」って業者さんがいくつかあり、
珍しくサンプルを頂けました。(むふふ♥) 



f0384567_10134310.jpg
なんでもござれなら、フードのサンプルはこれの倍以上はあったんですけどね
(原材料やら、保存料&着色料やらを確認してたらこれだけに)

 






今回は紅碧にとって、はじめての味となるモンをゲットしてきました。


紅: 何これ?(くんかくんか)
碧: 何これ?(くんかくんか)
f0384567_13591963.jpg





ふたりが「くんかくんか」しているのは、ตำแยแมว(タム・イェー・メーオ)と呼ばれるタイ国のハーブの一種で、
またたび、キャットニップ(西洋またたび)のように、猫が好むハーブのひとつ。
特に根っこにフェロモン成分が含まれていて、ネコに与えると興奮作用により、うっとり恍惚感を与える植物、
と言われています。
先代にゃんのかうぱんは、キャットニップには無反応なのに、
タムイェーメーオは即効で酔っ払ってしまい、うねうねごろごろしながら別の世界に飛んで行きそうになってました。


紅: なにこれ?(くんかくんか)
f0384567_13585121.jpg






さてさて、我が家の紅碧の反応はというと



エモノに対するような素早い手さばきの紅ちゃん(;・∀・)
そんな紅ちゃんを見て、取り合えずまねっこしてみた妹分のみどちゃん ヾ(・ω・o) オイオイキミタチ

タムイェーメーオを叩き落として、根っこをくんかくんかしたところ、







紅: あんた、なに見てんのよー(いちゃもん)
碧: べにちゃん?? ええ???()    
f0384567_13593757.jpg
突然、目を合わせてはいかんタイプに変身しちゃった?







紅: なんかむかちゅく顔ね           
碧: べにちゃん、どしたの?(おろおろ)    
f0384567_13595812.jpg
タムイェーメーオの興奮作用なのか、
突然荒ぶった紅ちゃんに戸惑ったみどちゃんでしたが、







紅: かぷー    
碧: お返しのかぷ
f0384567_14001578.jpg
みどちゃんがすぐに気持ちを切り替えて、応戦。
いつものドタバタ取っ組み合いに。




(注意)
ふたりの取っ組み合いは、日がな一日繰り広げられている、いつもの事。
攻守交替でドタバタカプカプやってますが、フーシャーやギャー等の声もお爪シャキーンも流血も一切ないもの。
今回もいつもの取っ組み合いレベルだったので、お世話係ずは静観してました。



どうやら、紅ちゃんはヤクブツが効きやすい体質みたい。
タムイェーメーオは、ホロ酔いではなく、悪酔いする方向なのかなぁ
みどちゃんは匂いをかぐものの、目立った反応なし。

紅ちゃんは9ヶ月齢、みどちゃんは8ヶ月齢のお子ちゃまだから、
おとニャの味は、まだ早かったかしら?

避妊手術の時、
紅ちゃんは麻酔が切れた後、生またてのバンビちゃんの足取りになってしまい、
完全に麻酔が抜けて回復するまでに時間がかかってました。(あの時はオロオロしました)
一方、みどちゃんは、一晩ですっかり麻酔が抜けて、回復もはやかったので、
ふたりの体質の違いを実感したものでした。







碧: 嗜みはほどほどに、ですよ(やれやれ)
f0384567_14003852.jpg








にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ 


[PR]
# by thainecco | 2018-06-04 14:31 | ねこ | Comments(5)